平成29年4月
獣医学研究院長
堀内 基広

 

新たな教育・研究組織の船出:世界の獣医科学研究をリードする教員組織

 

 平成29年4月、大学院獣医学研究科は、学院・研究院へと改組して、教員が所属する研究組織である「獣医学研究院」、大学院教育組織である「獣医学院」および「国際感染症学院」として新たなスタートを切りました。1952年 (昭和27年) の獣医学部設置、1995年 (平成7年) の大学院重点化に続く、3度目の大きな組織改変となります。外部から見ると判りにくいですが、時代や社会の要請に応じて、必要とされる研究と人材育成を推進する教育組織を柔軟かつ機動的に構築することを目的とするものです。

 獣医学研究院に所属する教員は、獣医学院あるいは国際感染症学院における大学院教育を担当します。国際感染症学院では、獣医学研究院の教員のうち感染症研究を専門とする教員、人獣共通感染症リサーチセンター、および医学研究院の教員が結集して、感染症に特化した大学院教育を行います。一方、獣医学院は老舗の獣医学研究科を引き継ぐ大学院教育組織です。平成29年度に発足した2つの大学院では、平成23年に採択された博士課程教育リーディングプログラム「One Healthに貢献する獣医科学グローバルリーダー育成プログラム」(平成23-29年度) で構築した大学院教育プログラムをさらに発展させて、俯瞰力、実践応用力、総合的な問題解決能力をもって、グローバルに獣医科学の発展、感染症の制圧に貢献できる博士人材の育成に努めます。両学院の大学院教育内容については、それぞれの学院のホームページをご覧下さい。また、獣医学部の教育は、獣医学研究院に所属する教員が担当します。学部教育の内容については、学部のホームページをご覧下さい。

 獣医学研究院は、今から100年前に発見され、1926年のノーベル生理学・医学賞の候補となった、市川厚一博士・山極勝三郎先生による化学発癌の研究を源流とする学術研究への情熱と志を引継ぎ、獣医科学研究のリーディング大学として特色ある研究活動を継続しています。北海道大学の特色の一つである人獣共通感染症・動物感染症の分野では、地球規模での病原疫学調査研究、宿主-寄生体相互作用の解析、あるいは診断・治療法の開発などで、世界をリードする研究を進めています。アジア随一の施設と規模を誇る動物医療センターを拠点として高度獣医療研究を展開しています。また、フィールドワークを得意として、地球規模で環境毒性および野生動物・生態系保全に関する研究を展開していることも特色の一つです。さらには、生体を“診れる”動物医科学としての特徴を生かしたライフサイエンス研究により、新規生命現象の解明や医薬品の開発などにも貢献しています。これら多岐にわたる研究を、日本をはじめ世界十数カ国から集結した、国際性豊かな優秀な大学院生とともに推進できることは、大きな喜びであります。

 獣医学研究院という新たな組織の船出にあたり、自由な発想に基づく知的創造活動としての基礎研究の推進、また、技術開発あるいは社会問題の解決を目指す応用開発研究、および研究成果の社会実装による社会貢献を意識しつつ、獣医科学研究のフロントランナーとしての役割を果たす所存です。また、次世代を担う獣医科学者を育成するための教育研究にも一層注力する所存です。関係各位からの一層の支援とご指導・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。