入学者受入方針(アドミッションポリシー)

学部の理念

 北海道大学獣医学部は,地球上の全ての動物生命に責任を負う自然科学としての獣医学を背景に,動物の病気の診断・治療・予防にとどまらず,安全な動物性食品の供給,医薬品の開発,生物科学への貢献,野生動物の保護・管理と人獣共通感染症の制圧など,獣医学に対する社会の多様な要請に応えうる獣医師を養成することを理念としている。

 

教育目標

 本学部は,動物の健康の保持増進,公衆衛生の向上,食の安全及び生命科学の発展に寄与するために,獣医学に関する専門的な知識及び技術を教授することにより,豊かな人間性,高い生命倫理観及び国際的視野を備えた獣医師及び獣医学に関する創造性を有する研究者を養成する。

 

  1. 獣医師としての任務を遂行するための論理性及び倫理性に裏打ちされた行動規範を身につけることができる。
  2. 動物疾病の予防・診断・治療、動物の健康の維持増進,公衆衛生等に関する卓越した知識・技能を持つことができる。
  3. 安定的な食料供給,家畜及び畜産物の安全確保,人獣共通感染症対策など地球規模の課題の解決に貢献するための国際的視点と知識・技能を持つことができる。
  4. 最先端の生命科学研究に触れ、生命現象に関する新たな発見や医薬品の開発などにおいて獣医学を基礎とした課題解決能力と国際的な活動を実践する能力を身につけることができる。

 

求める学生像

  • 動物を愛するとともに,動物を科学的視点から客観的に観察することのできる学生
  • 生命現象に対して,畏敬の気持ちと科学的な探究心をもつ学生
  • 獣医学を通じて社会的,国際的に貢献したいと考える学生

 

獣医学部の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 獣医学部では、本学の4つの基礎理念(フロンティア精神、国際性の涵養、全人教育、実学の重視)の下、多様な獣医学の社会的使命を理解し、高い動物生命倫理観、科学的な思考 力と判断力および国際的な視野を備えた、創造性と人間性豊かな獣医師となる人材を育成することを教育目標としています。 獣医学部では、この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を帯広畜産大学と連携して編成した共同獣医学課程において定め、当該能力を身につけ、かつ、所定の単位を修得した学生に学士の学位を授与します。

 

共同獣医学課程の学位授与水準

 共同獣医学課程では、学部の教育目標に基づき、次の能力を持つと認められる学生に対し、学士の学位を授与します。

 

【知識・理解および技能】

  • 獣医師としての任務を遂行するための論理性及び倫理性に裏打ちされた行動規範を身につけている。
  • 動物疾病の予防・診断・治療、動物の健康の維持増進、公衆衛生等に関する卓越した知識・技能を身につけている。
  • 安定的な食料供給、家畜の衛生管理及び畜産物の安全確保、人獣共通感染症対策など地球規模の課題の解決に貢献するための国際的視点と知識・技能を身につけている。
  • 最先端の生命科学研究に触れ、生命現象の新たな発見や医薬品の開発などにおいて獣医学を基礎とした課題解決能力と国際的な活動を実践する能力を身につけている。

 

獣医学部の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 獣医学部では、多様な獣医学の社会的使命を理解し、高い動物生命倫理観、科学的な思考力と判断力および国際的な視野を備えた、創造性と人間性豊かな獣医師となる人材の育成という教育目標を達成するため、共同獣医学課程を設置しています。共同獣医学課程では、全学共通の「全学教育科目」と体系的に配置された「専門科目」をもって、6年間の学士課程における教育課程を編成します。 本学部の専門科目については、教育課程編成・実施の方針を定め、育成する人材像に沿ったカリキュラムを編成し、実施します。

 

共同獣医学課程の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 共同獣医学課程では、学位授与水準に定めた能力を持つ人材を育成することを目標として、以下のとおりカリキュラムを編成し、実施します。

 

  • 主に1年次学生を対象とする全学教育科目では、専攻する分野にかかわらず、本学の学生であれば当然身につけておかなければならない共通の素養として、高いコミュニケーション能力、人間や社会の多様性への理解、独創的かつ批判的に考える能力、社会的な責任と倫理を身につけることを目的として、カリキュラムを編成します。具体的には「一般教育 演習」、「総合科目」、「主題別科目」、「外国語演習」、「共通科目」に区分される教養科目(コアカリキュラム)を開講します。また、専門科目を学ぶ心構え、基礎知識を身につけることができるように、基礎科目を開講します。

  • 2年次以降では、獣医学に関する専門性を深めるため、専門科目を開講します。専門科目では、獣医学の基礎・病態・応用及び臨床にわたる高度の知識と技術を教授することを目的として、4つの獣医学専門科目群(基礎獣医学科目、病態獣医学科目、応用獣医学科目、臨床獣医学科目)と獣医学関連科目群(獣医学導入科目、獣医師導入科目、畜産関連科目)から成る教育課程を編成します。なお一部の獣医学導入科目については、1年次より開講します。

  • 2年次では、動物体内の仕組み、反応や病気の基礎的知識を習得するため、解剖学、生理学、生化学、薬理学、遺伝学、免疫学、放射線生物学、微生物学、実験動物学などの基礎獣医学科目や病態獣医学科目を配置します。

  • 3年次では、動物の病気の原因となる因子やその解析手法の基礎を習得するために、ウイルス学、細菌学、原虫病学、寄生虫学、寄生虫病学、伝染病学、病理学などの病態獣医学科目や野生動物学を配置します。

  • 4年次では、獣医学が広く社会的役割を果たす、あるいは社会の要請に応える応用技術を習得するために、食品栄養学、草地飼料学、家畜管理学などの畜産関連科目とともに、公衆衛生学、毒性学などの環境科学や食品衛生、疫学、人獣共通感染症に関する応用獣医学科目を配置します。さらに、外科学、内科学、繁殖学など臨床獣医学科目も開講し、原理に基づく獣医療の実践教育も実施します。

  • 5年次および6年次では、主に臨床獣医学科目を配置し、附属動物病院などにおける獣医療の実際を体験する参加型臨床実習を実施します。また併せて、獣医師導入科目を開講し、動物福祉や獣医倫理・法規について習得します。さらに卒業後の職域や学生個々の興味ある学習・研究分野を考慮し、基礎・病態・応用及び臨床にわたるアドバンスト科目を配置し、将来の獣医師および獣医学研究者としての技能及び責任を身につけていきます。

  • また2年次~4年次では、課題解決能力と国際的な活動を実践する能力を習得するため、生物科学基礎演習(チュートリアル、獣医学英語演習など)を配置します。

  • 農業共済組合での臨床実習や学生個人が企画立案して動物病院、牧場等で行う実習・職業体験等についても単位認定しています。