入学者受入方針(アドミッションポリシー)

学部の理念

 北海道大学獣医学部は,地球上の全ての動物生命に責任を負う自然科学としての獣医学を背景に,動物の病気の診断・治療・予防にとどまらず,アニマルウェルフェアに配慮した愛護精神の啓発,安全な動物性食品の供給,医薬品の開発,生物科学への貢献,野生動物の保護・管理と人獣共通感染症の制圧など,獣医学に対する社会の多様な要請に応えうる獣医師を養成することを理念としている。

 

教育目標

 本学部は、動物の健康の保持増進、公衆衛生の向上、食の安全及び生命科学の発展に寄与するために、獣医学に関する専門的な知識及び技術を教授することにより、豊かな人間性、高い生命倫理観及び国際的視野を備えた獣医師及び獣医学に関する創造性を有する研究者を養成する。

 

  1. 獣医師としての任務を遂行するための論理性及び倫理性に裏打ちされた思考力・判断力・表現力を身につけることができる。
  2. 動物疾病の予防・診断・治療、動物の健康の維持増進、公衆衛生等に関する卓越した知識・技能を持つことができる。
  3. 安定的な食料供給、家畜及び畜産物の安全確保、人獣共通感染症対策など地球規模の課題の解決に貢献するための国際的視点と知識・技能を持つことができる。
  4. 最先端の生命科学研究に触れ、生命現象に関する新たな発見や医薬品の開発などにおいて獣医学を基礎とした課題解決能力と国際的な活動を実践する能力および主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を身につけることができる。

 

求める学生像

  1. 知識・技能
    ・獣医学を学び理解できる基礎学力を有する学生
    ・社会の倫理的問題に知的好奇心を持つ学生
  2. 思考力・判断力・表現力
    ・動物を愛するとともに、動物を科学的視点から客観的に観察・思考することのできる学生
    ・生命現象に対して、畏敬の気持ちと科学的な探究心をもつ学生
    ・動物に関する課題を科学的に判断し、表現できる学生
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    ・獣医学を通じて主体的に社会貢献したいと考える学生
    ・獣医学に関わる国内・国際的問題を多様な人々と協働して解決したいと考える学生
  4. 入学前に学習しておくことが期待される内容
    ・獣医学を学び理解するのに必要な理系科目の学習
    ・グローバルな課題を理解するのに必要な英語の学習

 

入学者選抜の基本方針

  1. 一般選抜(前期日程・学部別入試)
    志願者が多い場合、適切な個別学力検査等を行うことが極めて困難となるため、本学所定の資格要件を備えている者について、大学入学共通テストの成績により第1段階選抜(募集人員:20名、倍率:6.0倍以内)を行い、個別学力検査等の受験者を決定します。個別学力検査では、数学・外国語・理科(物理・化学・生物から2科目)を出題し、総合的な学力を判定します。
  2. 一般選抜(後期)
    志願者が多い場合、適切な個別学力検査等を行うことが極めて困難となるため、獣医学部の資格要件を備えている者について、大学入学共通テストの成績により第1段階選抜(募集人員:15名、倍率:6.0倍以内)を行い、個別学力検査等の受験者を決定します。個別学力検査では、理科(物理・化学・生物から2科目)の出題と面接(口述試験)を実施し、総合的な学力を判定します。
  3. 帰国子女入試
    日本国籍をもっている者、または日本国の永住許可を得ている者で、海外に住み、外国の学校で教育を受け、一定の基礎資格・要件(12年の課程を修了(見込み)又は同等の学力)を備えた者を対象にします。獣医学部では、募集人員は学部別入試の後期日程試験の内数として実施します。第1次選考では、出願書類により選考を行います。第2次選考では、総合問題および面接(口述試験)により選考を行い、総合的な学力を判定します。
  4. 私費外国人留学生入試
    日本の国籍を持たず、かつ、日本国の永住許可を得ていない者で、日本留学試験を受け、一定の基礎資格・要件を備えた者を対象にします。獣医学部では、募集人員は学部別入試の後期日程試験の内数として実施します。第1次選考では、出願書類により選考します。第2次選考では、総合問題および面接(口述試験)により選考を行い、総合的な学力を判定します。

 

選抜に活用する内容

評価方法 該当選抜区分 知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体性・協働性
大学入学共通テスト

一般(前期日程)

一般(後期日程)

   
個別学力検査

一般(前期日程)

一般(後期日程)

帰国子女入試

私費外国人入試

 

 

 

 
調査書

一般(後期日程)

帰国子女入試

 

 

面接

一般(後期日程)

帰国子女入試

私費外国人入試

面接カード

一般(後期日程)

帰国子女入試

私費外国人入試

   

 

選抜に活用する内容の重点評価項目

入試区分 知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体性・協働性
大学入学共通テスト  
一般選抜(前期日程・学部別入試)  
一般選抜(後期日程)  
帰国子女入試
私費外国人留学生入試

(注)◎は特に重視する要素

 

獣医学部の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 獣医学部では、本学の4つの基礎理念(フロンティア精神、国際性の涵養、全人教育、実学の重視)の下、多様な獣医学の社会的使命を理解し、高い動物生命倫理観、科学的な思考 力と判断力および国際的な視野を備えた、創造性と人間性豊かな獣医師となる人材を育成することを教育目標としています。 獣医学部では、この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を帯広畜産大学と連携して編成した共同獣医学課程において定め、当該能力を身につけ、かつ、所定の単位を修得した学生に学士の学位を授与します。

 

共同獣医学課程の学位授与水準

 共同獣医学課程では、学部の教育目標に基づき、次の能力を持つと認められる学生に対し、学士の学位を授与します。

 

【知識・理解および技能】

  • 獣医師としての任務を遂行するための論理性及び倫理性に裏打ちされた行動規範を身につけている。
  • 動物疾病の予防・診断・治療、動物の健康の維持増進、公衆衛生等に関する卓越した知識・技能を身につけている。
  • 安定的な食料供給、家畜の衛生管理及び畜産物の安全確保、人獣共通感染症対策など地球規模の課題の解決に貢献するための国際的視点と知識・技能を身につけている。
  • 最先端の生命科学研究に触れ、生命現象の新たな発見や医薬品の開発などにおいて獣医学を基礎とした課題解決能力と国際的な活動を実践する能力を身につけている。

 

獣医学部の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 獣医学部では、多様な獣医学の社会的使命を理解し、高い動物生命倫理観、科学的な思考力と判断力および国際的な視野を備えた、創造性と人間性豊かな獣医師となる人材の育成という教育目標を達成するため、共同獣医学課程を設置しています。共同獣医学課程では、全学共通の「全学教育科目」と体系的に配置された「専門科目」をもって、6年間の学士課程における教育課程を編成します。 本学部の専門科目については、教育課程編成・実施の方針を定め、育成する人材像に沿ったカリキュラムを編成し、実施します。

 

共同獣医学課程の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 共同獣医学課程では、学位授与水準に定めた能力を持つ人材を育成することを目標として、以下のとおりカリキュラムを編成し、実施します。

 

  • 主に1年次学生を対象とする全学教育科目では,専攻する分野にかかわらず,本学の学生であれば当然身につけておかなければならない共通の素養として,高いコミュニケーション能力,人間や社会の多様性への理解,独創的かつ批判的に考える能力,社会的な責任と倫理を身につけることを目的として,カリキュラムを編成します。具体的には「一般教育演習」,「総合科目」,「主題別科目」,「外国語演習」,「共通科目」に区分される教養科目(コアカリキュラム)を開講します。また,専門科目を学ぶ心構え,基礎知識を身につけることができるように,基礎科目を開講します。

  • 2年次以降では,獣医学に関する専門性を深めるため,専門科目を開講します。専門科目では,獣医学の基礎・病態・応用及び臨床にわたる高度の知識と技術を教授することを目的として,4つの獣医学専門科目群(基礎獣医学科目,病態獣医学科目,応用獣医学科目,臨床獣医学科目)と獣医学関連科目群(獣医学導入科目,獣医師導入科目,畜産関連科目)から成る教育課程を編成します。なお一部の獣医学導入科目については,1年次より開講します。

  • 2年次では,動物体内の仕組み,反応や病気の基礎を学ぶため,解剖学、生理学、生化学、薬理学、免疫学、放射線生物学、微生物学、実験動物学などの講義や実習を履修します。アニマルウェルフェアに配慮した高い動物生命倫理観を培うため、獣医倫理・動物福祉を学びます。また、草地飼料学,基礎動物栄養学、短期現地実習といった周辺領域も学びます。さらに、国際的視点を養うため、国際獣医師人材養成プログラムを2〜5年次に展開し,英語でのコミュニケーション能力を高めます。

  • 3年次では,微生物学、感染症学、原虫病学、寄生虫・寄生虫病学、魚病学、病理学、野生動物学などの講義や実習を通して,動物の病気の原因となる因子やその解析手法の基礎について学びます。さらに、食品衛生学、動物衛生学、公衆衛生学・毒性学などの環境科学の講義を通して、多様な獣医学の社会的使命を理解します。また、内科学、臨床診断学といった臨床獣医学に関する講義、ならびに臨床の基本技能を身につけるためのプレクリニカル実習が開講されます。

  • 4年次では、環境毒性学・環境衛生学、獣医疫学、人獣共通感染症学といった応用獣医学とともに、外科学、繁殖学、臨床腫瘍学などの臨床獣医学ならびにプレクリニカル実習が開講されます。さらに獣医師導入教育として、獣医コミュニケーション演習、獣医法規などが加わります。また、国際的活動の基礎となる獣医学専門セミナー(英語演習)を受講し、後期には研究室に仮配属(課題研究)します。4年次の年度末に全国共通の獣医学共用試験を受験します。

  • 5年次および6年次では、附属動物病院などにおける診療に立ち会い,獣医療の実際を体験する参加型臨床実習を実施します。また,いずれかの研究室に所属し,卒業後の職域や興味をひく研究分野を考慮し,アドバンスト演習を受講します。さらには,課題研究の合間に大学院博士課程の入試対策や就職活動など,将来の獣医師および獣医学研究者としての責任を身につけていきます。獣医師国家試験が例年2月中旬に実施され,3月中旬に合格発表があります。

 

学習成果の評価の方針

 授業科目の性質等に照らして適切な評価方法により成績評価をおこなうことを成績評価基準のガイドラインにおいて定めています。


 

アセスメント・ポリシーとアセスメント・チェックリスト

 獣医学部では、平成30年12月に学生の学修成果の評価(アセスメント)について,その目的,達成すべき質的水準及び具体的実施方法などを定めたアセスメント・ポリシーを制定しました。