飼い主の皆様へ

献体のお願い

 
 当院は、高度獣医療施設として、動物とそのご家族に寄り添いながら、数多くの動物に対する先進的な獣医療を提供しております。一方では、皆様のご理解のもと、動物疾病に立ち向かう獣医療・獣医学の発展と、動物福祉の理念を備えて社会に貢献する優れた獣医師の養成を担う教育病院としての役割を果たしております。
 治療の甲斐無く亡くなった動物の病理解剖(剖検)は、疾病の原因や病態を正しく把握・理解するためのものであり、同時に動物の命に対する愛しみ、獣医師としての責任・感謝を深く涵養するためのものです。病理解剖を通した学習は、当院で学ぶ学生が、将来、動物の病に毅然と立ち向かう獣医師となるために必要な能力と倫理観を身に付けるために欠かせぬものです。
 伴侶である動物の死に接した飼い主の方の悲しみは察して余りあります。私たちもその悲しみを共有するものです。しかし、私たちは、優れた能力と人間性を備えた獣医師を育て、同時に死をもたらした疾病についての正確な情報を提供することによって、教育病院としての責務を果たし、ご家族の皆様とともに悲しみを乗り越えたいと考えます。
 飼い主の皆様におかれましては、趣旨をご理解いただき、病理解剖への献体にご協力を賜りますようお願い申し上げます。


北海道大学動物医療センター
病院長  滝口 満喜

PAGE TOP

北海道大学 動物医療センター

〒060-0819 北海道札幌市北区北19条西10丁目
TEL:011-706-5239
電話受付 8:30~17:00(土日祝・休診日を除く)

Copyright © Hokkaido University Veterinary Teaching Hospital. All Rights Reserved.