本文へスキップ

日本学術会議 トキシコロジー分科会 主催シンポジウム

危険ドラッグの正体現状と今後

日時:平成28517日(火)13301800
会場:日本学術会議1F(講堂)

会場:日本学術会議 1F 講堂

○○○○○○○○○○○○○○○ビルダー会

本シンポジウムは終了しました。

本シンポジウムでは、特に日本中毒学会と日本毒性学会の協力を 得て4名の講演者に、急性中毒 の実態、依存性や精神毒性の今までとの違い、なぜ危険ドラッグに走ったか、規制の実態、について、お話しいただき、総合討論を行いました。多くの方々にご参加いただき、活発な議論を行うことができました。ご参加を頂きました皆さまに、心からの御礼を申し上げます。

なお、要旨に若干の残部がございます。要旨をご希望される方は事務局までご連絡を頂けましたら幸いでございます。

シンポジウムの参加方法

シンポジウムは参加無料です。
事前登録の必要もありません。
どなたでも参加できますので、直接、会場にお越しください。