北海道大学大学院獣医学研究院・獣医学部

微生物学教室

Laboratory of Microbiology, Faculty/School of Veterinary Medicine, Hokkaido University.

English

日本語

/

ペスチウイルス研究

北海道で分離された牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)の遺伝子解析

我々は牛ウイルス性下痢病(BVD)の流行状況を把握するために、北海道庁と連携し、2000年から北海道で分離されたBVDウイルス(BVDV)の遺伝子を解析しています。

 

具体的には、BVDV持続感染牛もしくは粘膜病発症牛からウイルスを分離し、その塩基配列を決定し系統解析をしています。国内外で報告されているBVDV標準株の塩基配列ともに分子系統樹を作成し、遺伝子型を決定したところ、近年北海道で流行しているBVDは、BVDV-1b亜型のウイルスの感染によるものであることが分かりました。

 

Nagaiら(2008)によると、1b亜型のウイルスと、現在日本で用いられているワクチン株(BVDV-1a亜型)には抗原性に大きな差があります。したがって、現行のワクチンに1b亜型のウイルスを加える必要があると、我々は提案しています。

豚コレラ弱毒生ワクチン株の豚扁桃継代による病原性の復帰と、その分子メカニズム

豚コレラは、豚コレラウイルスによって引き起こされるブタに対して強い伝播性と高い致死率を特徴とする疾病です。そのため、家畜伝染病予防法にて法定伝染病に指定されています。私たちは、未だ不明点の多い豚コレラの病態発現の分子メカニズムを明らかにするために以下の研究を実施しています。

 

1. 病原性を規定するウイルス蛋白とその遺伝子の同定

 

私たちは、まず弱毒ウイルスを接種継代して病原性を獲得するか調べました。その結果、15代ブタで継代したウイルスはブタに致死的な病原性を示しました。継代前後のウイルス遺伝子を解析することで、私たちは豚コレラウイルスの病原性発現に関与するウイルス蛋白とその遺伝子を同定しました。

 

さらに自然免疫抑制に関与するウイルス蛋白と遺伝子を同定し、それが病原性発現に関与することを明らかにしました。

 

2. 病原性発現に関与するウイルス蛋白の機能解析

 

ブタ継代で明らかになった病原性発現に関与するウイルス蛋白とその遺伝子が、どのようにそれに関与するのか解析しました。その結果、ウイルス蛋白の宿主細胞への吸着と侵入効率の向上およびウイルス遺伝子の複製効率の向上が病原性発現に関与することを明らかにしました。現在、その機能変化の詳細な解析を進めています。

以上、私たちの研究室では、ウイルス感染細胞での出来事がどのように病態発現に関与するのかを、細胞を用いた実験から生体を用いた実験まで実施することでその全てを明らかにする研究を進めています。

電話: 011-706-5208

Eメール:  y_sakoda[atmark]vetmed.hokudai.ac.jp

住所:  札幌市北区北18条西9丁目