国際獣医師人材を育成する獣医学教育世界展開プログラム 

International Vet Exchange Program (IVEP) - Achieving Global Standards of Excellence in Veterinary Education -

 

 獣医師の専門性が必要とされる領域は、極めて多岐にわたり、人獣共通感染症、国境を越えて発生する越境性動物感染症、地球規模での薬剤耐性病原体問題など、続発する新興・再興感染症による健康危害、社会経済的損失の防止のみならず、地球規模での生態系の保全、畜産物の輸出入に伴う食品等の安全性の確保、畜産物の生産性向上による地球規模での食糧の安定供給など、健全な生活環境の維持、および食の安全・安心の確保などがあります。さらに世界的に伴侶動物(ペット動物)の生命観が変化し、高度獣医療による疾病治療が求められています。このように、獣医師の専門性は多様な領域で必要とされており、特に、国際的な枠組の中で、グローバルに活躍できる獣医師(国際獣医師人材)の育成には、国際通用性のある獣医学教育による獣医師の養成に加えて、国際感覚に優れた人材の育成を目的とした教育の国際化が必要になります。
 このような背景から、獣医師に対する社会的要請に対応するため、平成24年度より、北海道大学獣医学部は、帯広畜産大学とともに互いの強み・特徴を活かした共同獣医学課程を開設し、欧州獣医学教育確立協会 (EAEVE) による認証取得による獣医学教育の国際的な質保証を目指して、欧米獣医系大学に互する獣医学教育の構築を進めてきました。さらに国際感覚に優れた獣医師人材の育成を目的として、部局間交流協定に基づく海外連携大学での臨床研修・野生動物学実習に加え、平成25年度からは「大学の世界展開力強化事業」に基づいて、単位互換を伴った教育連携体制を築き,カセサート大学(タイ)での産業動物臨床実習等を実施しています。本プログラムでは、これらをさらに継続して推進するものであり、(1)共同獣医学課程の国際通用性の一層の強化、(2)四つの海外獣医系大学と連携した獣医学教育の国際化に取り組みます。