• HOME
  • 動物病院の先生方へ
  • 整形神経ホットライン

整形神経ホットライン

北海道大学動物医療センターでは,2015年2月1日より「整形神経ホットライン」を運用しております。急性の整形外科疾患(交通事故,骨折など)や神経疾患(急性の麻痺など主に脊髄疾患)では,急ぎの対応が求められます。しかし当センターでは電話の通話可能な時間帯が限られていることもあり,そのような症例に関して十分な対応ができないことが問題でした。整形神経ホットラインでは,速やかな対応が求められる「整形外科疾患」と「脊髄疾患」に限り,以下のような手順で症例を受付することが可能です。是非ご活用ください。

特色

  • 電話受付は病院診察日の8:30-17:00となっていますが,ホットラインはそれ以外の時間帯も利用可能です。
  • 土日祝日など,病院診察が休診の日もホットラインは利用可能です。
  • 受け付けた曜日や時間帯,症例の状況などを加味し,当センターへのご来院の日時などをすぐに相談させていただきます(即日診察可能なこともありますが,翌日以降になる可能性もあります)。

ホットライン運用手順

  1. まずは「整形神経ホットライン専用メールアドレス」を入手していただく必要があります。諸般の事情によりホームページ上にはこのメールアドレスを公開しておりません。ホットラインのメールアドレスをご所望の先生におかれましては,当センターのセミナー専用のメールアドレス(huvth-seminar@vetmed.hokudai.ac.jp(左記メールアドレスの@を半角にしてください))までご一報いただけましたら,当センター担当者より「整形神経ホットライン専用メールアドレス」を送信いたします(数日かかることがあります)。
  2. 「整形神経ホットライン専用メールアドレス」に,病院名,担当者名,連絡のとれる電話番号(病院でも携帯でも可),症例のシグナルメント(名前,動物種,品種,年齢,性別),おおまかな疾患名や病態(例:「骨折」,「交通事故」,「突然の四肢麻痺」など)をご記入いただき,送信してください。
  3. メール受信を確認次第,北大の担当者(奥村,須永のいずれか)から電話などで返信が入りますので,その場でご来院の日時などを相談させていただきます。

※可及的速やかに,遅くとも20分以内の対応を行うよう努めますが,担当者全員が即時の対応不可能な場合はその限りではないことをご容赦ください。

注意点

  • 当ホットラインは夜間や休日の診察を保証するものではありません。診察は原則として当センターの定める診察日に行います。
  • 整形外科疾患,脊髄疾患以外の疾患には対応いたしかねますのでどうかご理解ください。