眼科診療科のご紹介

 眼科診療科では動物の眼の病気の検査、診断、治療を担当します。「眼は口ほどにものを言う」といわれるほど、眼は単純に物を見るだけではなく、意思や気持ちを伝える役割を担っています。とくに我々人間は動物達とは言葉を交わすことは困難ですので、表情やアイコンタクトによって、気持ちを交わしていると思います。しかし、眼の病気を患ってしまうと、見えづらいことで生活の質が低下するだけでなく、表情が乏しくなる、アイコンタクトがうまくできなくなることで、お互いの意思疎通がうまくいかなくなることも問題になる場合があります。我々は眼の病気の検査や診断・治療を通して、このような問題の改善を図り、ご家族とペットとのより良い生活をサポートして参りたいと思っています。

眼科検査

以下のような検査を行います(動物の負担を考え、最小限の検査を行う場合もあります)

眼科予備検査

  1. 視覚反応検査…目の前に手をかざした時の反応(威嚇瞬目反応)、動いている物を眼で追えるか(綿球落下試験など)、障害物をうまく避けられるか(迷路試験)により、ちゃんと見えているかを検査します
  2. 対光反射…光を眼に当てた時の瞳の反応の検査
  3. シルマー涙試験…涙の量の検査
  4. 眼圧検査…眼の中の貯まっている水分の圧力の検査

眼科特殊検査

  1. 細隙灯生体顕微鏡検査(スリットランプ検査)…細長い光の筋(スリット光)により、眼のどの部位に病変があるのかを検査します
  2. 眼底検査…眼の奥の部分(眼底)を観察して、眼の中の神経(網膜や視神経)や血管の状態を検査します
  3. 眼科超音波検査…眼の構造の異常が無いかを超音波(エコー)を使い、確認します

診療日

 
担当医   −  −  久保(月1回) − 

注釈・備考:
非常勤獣医師の診察のため、月に1回の診察となります。初回検査以降の継続検査は民間の獣医眼科学専門医に引き継ぎを行う場合があります。

診療科スタッフ

非常勤講師

久保 明

疾患の紹介

疾患名:潰瘍性角膜炎

 いわゆる目の表面にできたキズです。原因が単純な場合は早期に自然治癒しますが、治りにくい場合があります。そのような場合は基礎疾患として他の病気(眼球の乾燥、ホルモン異常などを伴う全身疾患など)が隠れている場合や重度な細菌感染が伴っている場合がありますので、見極めが重要であり、適切な治療を要します。

 

潰瘍性角膜炎の図

疾患名:白内障

 白内障とは、眼の中の水晶体(レンズ)が白く濁ることで、物が見えにくい、重度な視覚障害などの症状を示す病気です。原因としては老齢性もありますが、犬の白内障の多くは犬種による遺伝的素因が強く関わっており(犬種関連性白内障)、国内ではトイ・プードル、アメリカン・コッカー・スパニエル、フレンチ・ブルドッグ、パピヨン、ミニチュア・シュナウザーなど約80犬種にその素因があることが分かっています。犬種関連性白内障の多くは若年齢(生後数カ月~6歳)で発症します。このほかにも外傷や糖尿病、ある種の薬品、その他の眼異常などが原因となることがあります。白内障の治療法は外科手術のみですが、動物の場合では手術を行わずに合併症発生に注意しながら経過をみる場合もあります。なお、必要に応じて合併症の予防管理が必要となりますので、気になる場合には是非とも一度受診をお薦めします。

 

白内障の図

疾患名:緑内障

 眼の中には眼房水というお水が入っており、このお水の水圧(眼圧)により眼の大きさや硬さが保たれています。動物における緑内障とは、この眼房水が溜まり過ぎて眼圧が高くなった結果、視覚障害や強い眼の痛み、不快感を生じる病気です。とくに眼圧が顕著に高い場合には急速に失明に至り(48―72時間)、回復できなくなるため、緊急な対応を要する眼疾患です。原因によって先天緑内障、原発緑内障、続発緑内障に分類されます。初期症状として白目の充血くらいしか認められないこともあります。原発緑内障は好発犬種があり(柴犬、アメリカン・コッカー・スパニエル、ボストン・テリア、バセット・ハウンド、ビーグルなど)、とくにこれらの犬種では普段から眼の様子に注意して観察が必要です。治療は継続した点眼薬の投与および外科手術を行います。

 

緑内障の図