現代的教育ニーズ取組支援プログラム

<事業名称>
平成17年度採択
現代的教育ニーズ取組支援プログラムとは
 『社会的要請の強い政策課題に関するテーマを設定し、計画している大学等の取り組みから、国私を通じて優れた取り組みを選びサポートします。また、選ばれた取り組みを社会に広く情報提供し、高等教育全体の活性化させます。』

〜取組内容〜
 北海道は、多数の産業動物、伴侶動物、野生動物を我が国でも有数の規模で抱えた広大な地域です。これらの動物の健康は、地域住民の健康、産業・経済、文化、環境に直結するものであり、北海道の持続と発展には、動物の健康に基づく人と動物の共存と、それを支える住民レベルでの理解が不可欠です。北海道大学と酪農学園大学の獣医学部は、道内獣医師の60%強を送り出しており、北海道における動物の健康、人と動物の共存に重要な責務を担っています。
 この取組では、北海道の「人と動物の共存先進地域」化を目標に、北大と酪農大とが教育・研究における各々の優れた点を生かした連携体制を組み、自治体や地域の獣医師の協力を得ながら、社会や地域のニーズに充分に対応できる獣医師を育成する先端的な臨床獣医学教育を行うとともに、一般市民、高校生に対する啓発や地域獣医師への生涯教育をとおして地域に貢献することを目指します。


〜取組担当者〜
稲 葉 睦

〜連絡先〜
臨床分子生物学教室
Tel:011-706-5580
Fax:011-706-5580
E-mailはこちら
 
 現代GP NEWS
   ・September 1, 2007
   ・March 1, 2008
   ・October 6, 2008
   ・December 1, 2008
 
| 特色GP | 現代GP | 魅力ある大学院GP | 国際化推進GP | GPとは? | 獣医学部HOME |
Copyright © Graduate School of Veterinary Medicine, Hokkaido University All Rights Reserved.