診療科のご紹介

皮膚科

皮膚が痒い、脱毛がひどい、アレルギーがあるなど、皮膚の問題全般の診断と治療を専門とした診療科です。

皮膚病は、痒みのある病気と痒みのない病気に大きく分けられます。

痒みのある皮膚病は、ダニ類などの寄生虫、皮膚糸状菌やマラセチアなどの真菌類、細菌の感染によって引き起こされることが大半です。このような場合は、感染を取り除くことで痒みがかなり改善します。
 
感染がないのに痒い場合には、食事アレルギーやアトピー性皮膚炎の可能性も考えられます。このような病気は、病原体の感染ではなく、動物自身の体や食事/環境に原因がありますので、治療して完治させるというよりは、日常的な食事管理や、シャンプーやブラッシングなどのスキンケアで痒みを少なく抑えて維持することが治療目標になります。
 
痒みを伴わない脱毛の原因として、副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症などの内分泌疾患で起こることがあります。このような脱毛は内分泌疾患の治療を行うとゆっくりと改善します。その他、原因不明の脱毛症もまれに起こります。これらの感染を伴わない皮膚病であっても、二次的に感染を起こすと痒みを出すので、しっかりとした鑑別診断と二次感染の予防や治療が重要です。
 
また、皮膚には様々な腫瘍ができることがあり、腫瘍の種類によっては皮膚病との見分けが難しいものもあります。
 
このように、動物の皮膚病には様々な原因があり、それぞれ治療法が異なりますので、担当医が飼い主様とご相談しながら検査や治療を進めていきます。正しい治療をして症状を改善するには適切な検査が不可欠です。
 
 

膿皮症2.jpg

ミミヒゼンダニ2.jpg

細菌感染による皮膚病変(膿皮症)

 

 

痒みを引き起こす皮膚の寄生虫の例:ミミヒゼンダニ

マラセチア2.jpg

 

ニキビダニ2.jpg

痒みを引き起こす原因の例:マラセチア(真菌感染症の一種)

 

 

痒みを引き起こす皮膚寄生虫の例:ニキビダニ

2013-05-16_202432.jpg

2013-05-16_202516.jpg

     アトピー性皮膚炎による脱毛

皮膚に発生した腫瘍(肥満細胞腫)

 

PAGE TOP

北海道大学 動物医療センター

〒060-0819 北海道札幌市北区北19条西10丁目
TEL:011-706-5239
電話受付 9:00~15:00(土日祝・休診日を除く)

Copyright © Hokkaido University Veterinary Teaching Hospital. All Rights Reserved.