ペットと電車・タクシーに乗るには

一緒に電車に乗れるペット

  • 少量の小鳥、小虫類、初生ひな、魚介類でケースに入れたものについては、無料で車内に持ち込めます。

 

  • 小型犬、猫、鳩またはこれに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、長さ70cm以内で、縦・横・高さの合計が90cm程度のケースに入れたものケースと動物を合わせた重さが10kg以内のものについては、「手回り品きっぷ」(ペットキャリー1個につき270円)をお買い求めのうえ、車内に持ち込めます。
※小動物(ペットなど)を持ちこまれる場合は、駅や車内ではケースから出さないようにし、他のお客様のご迷惑とならないようご注意ください。

  手回り品きっぷを購入する

    手回り品きっぷは、駅員さんのいる有人改札口で購入できます。乗車距離や特急・新幹線などの種類に関わらず一律270円です。詳しくはJRのホームページにて確認してください。

  ペットと一緒に電車に乗る際の注意点

    手回り品きっぷを購入しても、電車の中でペットをキャリーから出して膝の上で抱いたり、座席に座らせることはできません。乗車マナーを守ってのご利用をお願い致します。
 

ペットとタクシーに乗るには

一緒に乗れるペット

  • 多くのタクシー会社では、キャリーに入っている限り小型のペットの持ち込みは可能ですが、ご利用になるタクシー会社にご確認ください。

 

  • キャリーから出しての乗車をご希望の場合、中型~大型犬と一緒の乗車をご希望の場合に関しましては、ペットの移送専門のタクシー会社(「ペットタクシー 札幌」にて検索)をご利用ください。

 

  • ペットタクシー会社の中には、病院での診察中に待機して頂けるサービスもありますが、そのようなサービスをご利用の場合でも、他の飼い主様よりも優先して診療時間を短縮することはできませんので、ご了承願います。タクシーを待機させている場合には、診察時間が長くなりそうであればお伝えいたしますので、受付にお知らせください。

PAGE TOP

北海道大学 動物医療センター

〒060-0819 北海道札幌市北区北19条西10丁目
TEL:011-706-5239
電話受付 9:00~15:00(土日祝・休診日を除く)

Copyright © Hokkaido University Veterinary Teaching Hospital. All Rights Reserved.