病院のご紹介

2013-05-10_113056.jpg 動物病院は1912(明治45) 年に家畜病院として開設され、わが国における酪農畜産や家畜診療の指導的役割を果たしてきました。1964(昭和39)年、当時としては東洋一の家畜病院として現在地に新築されましたが、その後老朽化が進み1994(平成6)年に大改修が行われました。2002(平成14)年、獣医学部附属施設から大学院獣医学研究科附属施設となり、2006(平成18)年には家畜病院から動物病院という名称に変更されました。その後、高度獣医療の実践と獣医臨床教育の強化を目的として、2013(平成25)年に動物医療センターとして新築されました。

 12の診察室、広い処置室、臨床血液検査室、5つの手術室、集中治療室、放射線治療室、化学療法室、カウンセリングルームなどを効率よく運用して、日常診療の中に臨床獣医学教育を取り入れています。多種類の動物血液を検査できる血球計数器、多項目血液生化学自動分析装置、多目的X線撮影装置、X線CT断層撮影装置、磁気共鳴撮像 (MRI) 装置、超音波診断装置、内視鏡システムなどを活用して、より高度な診断・治療が実施されています。研究科所属の教員が診療を兼任し、臨床研修獣医師、動物看護士および臨床系教室所属の獣医師である大学院生が、指導教員とともに診療に携わります。学部学生も参加型臨床実習の一環として診療に参加します。

 伴侶動物としての犬や猫が長寿になってきているのを反映して、腫瘍性疾患や老齢性疾患(慢性心疾患、慢性腎臓病、内分泌疾患、慢性皮膚疾患など)の診療が多く、高度な外科的処置が必要とされる疾患も増えてきており、地域における二次診療施設としての役割を担っています。また、教育病院として学生の臨床教育ばかりでなく、臨床獣医師および海外からの研修獣医師の卒後教育の場としても活用されています。さらに、高次画像診断法、疾患遺伝子の遺伝子解析およびその検出法などの診断技術の開発、創傷治癒促進機序の解明、動物に負担の少ない抗腫瘍療法、疾病発生予防のための対策確立とその指導など、多方面からの臨床獣医学的研究にも活用されています。

理念・基本方針

2013-05-10_112627.jpg 北大動物病院は、北海道大学大学院獣医学研究科・獣医学部の教育・研究施設です。獣医学臨床教育・研究の対象となる動物は、犬・猫などの家庭飼育動物、牛・馬・豚・鶏などの産業動物、動物園や水族館の展示動物、自然あふれる北海道に多数生息する野生動物です。このような多彩な動物達と私達との幸せな共生を目指して、高度で信頼される総合的獣医療の実践とその基本となる科学的で探求心にあふれた信頼される獣医療人を育成する施設として、以下の基本理念に基づき、その目標を実現するために獣医療体制の確立と設備の充実に努めます。

北大動物病院は、国際的レベルの獣医科学に基づいた信頼される総合的・高度獣医療の提供を基本とし、

  • 科学的で信頼される獣医療人の育成
  • 北海道の地域獣医療の拠点として貢献
  • 先端獣医療の研究・開発・実証

により、動物の福祉と飼い主の安心と心のやすらぎに貢献します。

病院の目標

基本理念を実践するため、以下を目標にしています。

  • 飼い主との信頼関係を第一にし、動物の痛みや苦しみを理解できる科学的で心豊かな獣医療人を育成します。
  • 地域の中核的総合動物病院として、信頼される高度な獣医療を提供し、動物の福祉と飼い主の心の安らぎに寄与します。
  • 産業動物の未解決疾病の原因究明と診断・治療技術の開発により、生産者の財産を守り、安心で安全な畜産食品の提供に貢献します。
  • 動物園・水族館の展示動物の病気の診断・治療に高度獣医療の支援をします。
  • 獣医科学における疾病の原因究明と診断・治療の開発・実証により、国際的獣医療の発展に貢献します。
  • 以上の目標を実践するに相応しい獣医療体制と先端設備の充実に努めます。

PAGE TOP

北海道大学 動物医療センター

〒060-0819 北海道札幌市北区北19条西10丁目
TEL:011-706-5239
電話受付 9:00~15:00(土日祝・休診日を除く)

Copyright © Hokkaido University Veterinary Teaching Hospital. All Rights Reserved.